2017年05月25日

復活のイエス様  Tコリント15:1〜11

私たちはイエス様を信じて従う聖徒です。私たちはイエス様の死と復活を信じます。イエス様は栄光の中で褒めたたえられるべき方です。それにもかかわらず、イエス様は罪人である私たちを救うためにこの世に来られ、十字架の上で死んで葬られ、聖書の約束通りよみがえられました。イエス様の復活の信仰。それは今も生きておられるイエス様を信じることです。

   イエス様の死と復活が福音です。
 今日の本文のみことばは福音の内容が何かを語ります。「キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また、葬られたこと、また、聖書に従って三日目によみがえられたこと」(15:3〜4)であると語ります。私たちはこの福音のみことばを何度も読み、吟味する必要があります。
 聖書は他の所で、「福音は神の力」。「福音は信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です」(ローマ1:16;Tコリント1:18)と語ります。福音は罪人の罪の赦しを受けさせる神の力であり、義のない罪人に神が義と認めてくださる神の力です。また福音は永遠の滅びを受けるべき人に永遠の命を得させてくださる神の力であり、呪われるべき人に神の祝福を受けさせる神の力です。ですから、信じるすべての人に救いを受けさせる神の力であるこの福音より尊いものはありません。福音の核心はキリストの死と復活です。これ
より大切なものはありません。
 福音は聖書の示す通りに、キリストが死なれ、葬られこと、聖書に従って、三日目に復活したことです。ここで、「聖書の示す通り」と「聖書に従って」とはとても大切な意味を持ちます。キリストの死と復活は突発の事ではないことです。聖書の預言が成就されたことです。旧約の聖書にはイエス様の死と復活についての直接的預言のみことばと象徴的事件をたくさん語ります。この通り、旧約聖書のみことばが成就されました。キリストが十字架の上で血潮を流して死なれ、葬られ、復活しました(イザヤ53:4〜6;詩篇22:1〜31;創世記22:1〜14など)。

     イエス様は確実に復活しました。
 イエス・キリストの復活は単純に霊と体が結合して回生したのではありません。聖書は復活のからだは腐ることがないと断言して、栄光の体であると語ります(Tコリント15:42〜44)。このような意味で復活の初穂になりました(15:20)。キリストの復活は父なる神がキリストによる律法の完成を宣言することであり、信じる人々に信仰による義と、最後の復活への希望を象徴する根拠になります。
 イエス様の復活の証拠の例はたくさん挙げることが出来ます。イエス様が残した空の墓は一番有力な証拠の一つです。イエス様が葬られた墓は空っぽでした。神の力により復活されたイエス様が墓に残る理由がありません。
 イエス様の復活のもう一つの有力な証拠はよみがえられたイエス様が大勢の人々に現われたことです。ペテロに現われ、12弟子たちに現われ、500人以上の兄弟たちに同時に現われました(15:5-6)。イエス様の兄弟であるヤコブに現われ、最後にはパウロにも現れました(15:8)。これこそイエス様の復活の確実な証拠です。

    私たちは福音を信じる必要があります。
 福音は聖書の示す通りに、神のひとり子であられるイエス・キリストが私たちの罪のために死なれたこと、葬られたこと、三日目によみがえられたことです。福音は罪人に罪の赦しを与え、神の前で義人として立ち、神の子供になる特権を与え、神の祝福を受けさせる神の力です。だれでもキリストの福音を信じる者に、新しい被造物になって新しい人生を歩ませてくださる神の力です。
  1)私たちは福音をまことに信じる必要があります。
 福音を真に信じることは聖書の示す通りにキリストが成してくださった救いの力を心から信じて、心に受け入れることです。真の信仰は神の恵みを受けて、聖霊の働きによって持つことが出来ます。
  2)私たちは真心から罪を悔い改める必要があります。
よみがえられたイエス様を信じる復活の信仰は必ず悔い改めが伴います。復活したイエス様を信じる人は真心から罪を悔い改めて新しい人になります。新しい被造物です。イエス様を呪いながら否認したペテロも復活なさったイエス様に出会い、悔い改めて大胆にイエス様を証しする証人となります。
復活したイエス様を信じる人は希望がある聖徒の歩みをします。
復活したイエス様を信じる人は清く敬虔に歩む必要があります。
 復活したイエス様を信じる人は主のために働きます。
パウロは主のために他の使徒よりもっと働きました。主のために働くことは決して無駄なことではありません(15:58)。ですから主のために力を尽くして仕える人生を歩みましょう。何よりもイエス様の復活の証人として歩みましょう。
posted by ginowankim at 16:54| Comment(0) | 説教